虫歯等で歯の一部を失ってしまった場合、最終的な治療でインレー(被せ物)が必要になることがあります。ここでは当院で取り扱っている主なインレーの素材についてご紹介いたします。患者さまのお口の状況やご要望をお聞きしご、どのような素材でもご提供いたします。

白い奥歯の詰め物

CRインレー(コンポジットレジン)

コンポジットレジン

虫歯の範囲がごく小さければ、白いプラスチック素材を直接塗り固める保険適用のCRインレーをおススメすることがります。ペースト状の白いコンポジットレジン素材を直接、歯に塗り固めていく治療方法です。技工士が作る下記のインレー法に比べ、時間がかかりません。

難点としては、あくまでもプラスチック素材なので、経年変化で変色してきたり、耐久性がセラミック素材に比べると劣ります。そのため定期的な検診や再治療をおススメしております。大きな虫歯の範囲には不向きです。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

プラスチックとセラミックの白い中間素材で、歯科技工所で注文し作られるセラミックインレーです。経年変化で長い期間使用すると変色は起こります。

Eマックスインレー

Eマックスインレー

ニケイ酸リチウムガラスと呼ばれる次世代のセミラック素材で作られるセラミックインレーです。E-MAXインレーとも呼ばれ、従来のポーセレンインレーに代わる白い奥歯のインレーとして、近年人気があります。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

近年、第3の白いセラミックインレーの素材として、ジルコニア製も多く出回ってきました。ジルコニアは医療用人工関節やセラミック包丁なども使われ、生体親和性の高い白いダイヤモンドとも呼ばれる高強度のセラミック素材です。

出始め初期に比べると色もキレイになってきており、上記のハイブリッドやEマックスインレーでも割れてしまうような方には強度が高く丈夫なジルコニアインレーをおすすめすることがあります。

金属製の奥歯の詰め物

ゴールドインレー(金歯)

ゴールドインレー

金合金で作られる奥歯の詰め物です。14K・18K・20K・PGA(金にプラチナを加えた白金加金)など、さまざまなカラット数や配合があります。金自体が柔らかい金属で奥歯の穴にピッタリとフィットするため、虫歯の再発リスクを軽減でき、咬み合う歯(対合する歯)にも優しい利点があります。

パラジウムインレー(銀歯)

パラジウムインレー

保険適用になる銀歯の詰め物です。パラジウムで作られ、金属アレルギーが心配な方には不向きです。

ご予約・お問い合わせ

048-661-3366

【平日・土曜】 9:00-12:30 / 15:00-19:00
【日曜・祝日】 9:00-12:30 / 14:00-18:00
年中無休(年末年始・臨時休診除く)

JR川越線・埼京線「日進駅」北口2分

〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町2-1735-1

診療時間

日・祝は14:00-18:00

各路線駅のアクセスはこちらから