子どもの虫歯治療

小児歯科

お子さんの虫歯予防、ご家庭で気を付けられていますか。昔に比べると虫歯の多い子どもは少なくなりました。お子さんの虫歯も早期治療や予防が大切です。お子さんが痛がっていたり、親の目線で歯がおかしいなと感じたら、まずはご相談ください。

怖がるお子さんには…

歯科を怖がる子ども

当院では、怖がるお子さんについては無理矢理治療を始めることはありません。怖がったり泣く子はトレーニングから始めます。

  • 椅子にまず座ってみる
  • 歯ブラシをスタッフと行ってみる
  • お口の中に水を流す、唾液をバキュームで吸ってみる

…などなど、段階を踏みながら、徐々に慣れていってもらいます。

小児の虫歯予防

生えたての乳歯・永久歯は特に虫歯になりやすいので日頃の保護者による仕上げ磨きや歯科医院での予防が大切になります。当院では小児の虫歯予防にも力を入れています。

フッ素塗布

フッ素

ます。歯科医院専用の高濃度フッ素剤を歯ブラシや綿などで塗布します。フッ素を塗布することで歯質を強くし、虫歯予防の効果が期待できます。

シーラント

シーラント

生えたての乳歯・永久歯は奥歯の溝部分からが特に虫歯になりやすい時期です。虫歯は奥歯の細かい溝から進行しやすいため、虫歯菌に浸食される前にシーラントと呼ばれるフッ素入りのプラスチック剤で奥歯の溝をふさぎ、虫歯の侵入を防ぎます。

クリーニング

子どもの歯のクリーニング

大人と同じように、歯の表面のクリーニングを必要に応じて優しく行います。

ブラッシング指導

子どものブラッシング指導

お子さんの歯磨きの仕方をまず見て、磨けていない箇所をお教えします。幼少の時期から歯磨きの正しい癖や習慣を付けることは、大人になってからも虫歯・歯周病予防に活きてきます。

子どもの外傷

歯をぶつけた、折ったなど

こけた子ども

小さなお子さんのお口の怪我。家具や遊具に歯をぶつける子どもは多くお見えになられます。歯が抜け落ちたり、折れたりした場合、歯の保存液や牛乳に入れて受診されてください。

牛乳などが無い場合、口の中に入れてくるのも理想的です。歯の再生組織が生きている場合、再植治療などで歯を取り戻せる場合があります。

ご予約・お問い合わせ

048-661-3366

【平日・土曜】 9:00-12:30 / 15:00-19:00
【日曜・祝日】 9:00-12:30 / 14:00-18:00
年中無休(年末年始・臨時休診除く)

JR川越線・埼京線「日進駅」北口2分

〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町2-1735-1

診療時間

日・祝は14:00-18:00

各路線駅のアクセスはこちらから